フォトアルバム

お気に入り

  • 型紙co cottonさんオススメ パフカットソーの型紙

リンク

Feed

2012年4月30日 (月)

Gemutlichを目指して。

皆さんはGWをいかがお過ごしでしょうか?

我が家は昨日、毎年恒例、義母のお誕生日祝いでした^-^
一緒にプレゼントを買いに行って外食するだけなんだけれど
義母はとても楽しみにしてくれているようです。

私が初めて会った頃、彼女はまだアラフォーだったんです。
そう思うと義母の人生の半分以上を見ることになるんだな~と思います。しみじみ。

Illusthappydays1

変わって今日は、珍しくヒメが発熱中^^;

アウトレットにでもお買い物に行こうと言っていたのだけど、予定変更。
おうちで過ごしています。

前回記事で読んでいたのもドイツ流でしたが、今回も同じドイツ式。

Dscf1736_2

「タニアのドイツ式部屋づくり」 門倉多仁亜著


やはり、同じような掃除の仕方、暮らしぶりが紹介されていて
ドイツってこういう文化なんだなぁと思います。

タイトルにあるGemutlich(ゲミュートリッヒ)も
どちらの本にもキーワードとして紹介されていました。

意味は、居心地の良い落ち着きのある温かな空間。

これはドイツ人の家に対して何よりの褒め言葉だそうです。

豊かな暮らしって
高価なものをたくさん所有することではなく
清潔で整理整頓された清らかな空間で
心穏やかに暮らすこと、なんですね。

30過ぎたころから、私も家に対する思いが強くなってきました。
主人には理解できないみたいですが、
私はキッチンスポンジ1つでも、自分が思うようなモノでないと買いません。

本当に気に入る物を少しずつ持つって理想的な暮らしだなぁと思います^-^

さて。
これら2冊の本を読んで実践しようと思ったのは、
「使ったときがお手入れ時」
という習慣。

オーブンを使いながら、焼いている間に外側を拭く、とか
お料理をする時は、掃除まで終わって完了、とか。
汚れを溜めずに軽い汚れのうちにこまめに綺麗にして
大掃除不要にしてしまうドイツ人のお掃除法って理に適っていますよね。

本を読んでいるとそこに書かれていることで
少なくとも1つは自分の心にひっかかることってあります。
それを大事に心に残していきたいな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

20111019_2214029

凹っと応援ありがとうございます!

2012年4月28日 (土)

ドイツ人に学ぶ

4月も師走と呼んでいいぐらいに。
色々な行事がありますね。

昨日。
学校役員の引継ぎを終え、大きく重たい荷物を新部長さんに託してお役御免となりました。

帰り道、晴れやかな気分になれたのは。。

昨年度ご一緒させて頂いたとっても協力的だった部員さん達と。

引き継いできた新メンバーさん達の
仕事を理解しようと見せて下さった、真剣で意欲的な姿勢のお陰。

今年度も良い雰囲気の部になりそうです^-^

子供達のために、できることを一人一人が少しずつ・・・

Illlustkosmos


仕事を始めたこともあって
ここのところ、することがとても多いのですが

読書ブームは去っていません♪

「聖女の救済」 東野圭吾著
これは鉄壁のアリバイを持つ犯人のトリックを破るというお話。
成立しえないトリックの気がしますが、それを物語の中でも「虚数解」と表現しているので
ありえなくてOKなのかな。

「ハッピーリレー」 菊田まりこ著
HA*KOちゃんオススメの本。
とっても可愛いイラストで心がほっこりするフレーズが散りばめられています^-^

「じょうぶな子どもをつくる基本食」 ポテチを異常に食べる人たち~ソフトドラッグ化する食品の真実~ 」 幕内秀夫著
現代の日本人の食生活に警鐘を鳴らす。
粗食の和食が一番!と思えます。
とりあえず、スナック菓子はなるべく買いません~。
スナック菓子はティッシュペーパーを揚げて旨味成分をふりかけたようなものだなんて、
衝撃的な表現です^^;
でもね、やめなさいと一刀両断にするんではないんですよ。
「人は毒によって癒される」ので、うまく付き合う方法を模索しましょうという優しい内容です。

「デポー39ものがたり」 天沼寿子著
日本にカントリーやアンティークの世界を浸透させた著者の歴史。
今では当たり前に目にする雑貨店の品ぞろえ。
それらを初めて日本持ち込み成功に導いた手腕にはうならされます。


20110805_2079319


そして、今読んでいるのが

Dscf1730_2

ドイツ流掃除の賢人 沖幸子著

ドイツと言えばおとぎの国、お掃除の国。

お洒落な掃除用具のメーカーも
エコな洗剤メーカーも
ドイツというイメージが強いです。

耳にするのが、窓ガラスをピカピカに磨き上げるのが当たり前。
もし汚くしていると近所からクレームが来るとか。
バスや電車に乗っても皆さん自然と窓ガラスを磨いちゃうらしい。

ほんと~?と思っていたけれど、
この著者、ドイツ在住中に窓掃除が至らず
大家さんに怒鳴り込まれたことがあるそうです^^;

そんな綺麗好きドイツ人のキレイキープ法が書かれています。

何故、家をキレイにするのか。

どうやって無理なくそれを続けられるのか。

具体的な方法も書かれているので実践しやすいと思います。

読み進んでいくうちに思ったのが
仲良しのママ友Yちゃんが実践しているのと同じだということ。
いつもYちゃんのおうちはピカピカなのです。
お邪魔すると、どの部屋もドアが開いていて、見せられる状態。
でも毎日のお掃除は20分程度なんですって。

Yちゃんの前世はドイツ人かも・・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

20111019_2214029

凹っと応援ありがとうございます!

2012年4月16日 (月)

The Reading Club 追記アリ

続いてまた、名言集を読みました。

20110805_2079319_2


【心にズドン!と響く「運命」の言葉】 ひすいこたろう著


Dscf1691_2


たくさんの名言が散りばめられていて
心に響く言葉が必ず見つかると思います^-^

私が一番気に入ったのは、名の知れた偉人の言葉ではなく・・・
著者の友人による結婚式のスピーチ。

大意はこんな感じ。


人は自分で花屋で買ってきた花束と
誰かからプレゼントされた花束では

人からもらった方が嬉しいもの。

実は、人の本質とはここに表れている。

人は「自分を幸せにする力」を持たない。

自分で自分に何かを買ったり、
優しい言葉をかけても心には響かないけれど
人からもらったプレゼントや言葉は
心にガツンと響く。

つまり、人が持っている力とは、
「他人を幸せにする力」。

結婚とは、
自分が幸せになるためではなく、
相手を幸せにするためのもの。
お互いがそう思うことが大切。



今日、ダンナさん(奥さん)に優しい言葉をかけましたか・・・??


Dsc_1869


週末のお花見にて


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


20111019_2214029
応援ありがとうございます!



**追記4/17**

敬愛するkana2さんのショップが今夜カートオープン!

17th April, 2012
21:00~

お店はコチラ→


今回のメルシータグ(お買い上げプレゼント)は、またまた
めっちゃかわいいです!!→
クラウントート

2012年4月13日 (金)

「忙しい」を考える

どこで読んだかも定かではないし、内容も正確には覚えていないのですが
ある女性経営者の話が印象に残っています。
彼女は経営者として過密スケジュールをこなしながら、
家事や3人ぐらいのお子さんを育てておられるのですが

「忙しいと思ったことがない」

と言うのです。

なぜなら、その時にやっていることにだけ集中しているから。

何かをやりながら「次はアレしなくちゃ、その次はアレ…」

なんて考えているから「忙しい」と思うのであって、

現在進行形の事柄にだけ目を向けて入れば、忙しいなんてことはない。

そんな内容でした。


目から鱗とはこのことだわ・・・と私は衝撃を受けたのです。

自分はまさに気忙しい人。

今日はあれもしなきゃ、これもしなきゃ。
と頭の中が忙しい^^;


先日読んだ本にも
「忙しい」について書かれていました。

Dscf1688

【ベッキーの♪心のとびら】 より

「忙しい」という言葉は使わないようにしています。
”忙”という感じは”心”を”亡”くすと書くからです。

「忙しい」ではなく充実


(以下略)



Dscf1686_2


【いまを生きる言葉 「森のイスキア」より】 佐藤初女著 より

「忙しい」という言葉を、わたしはなるべく使わないようにしています。
「忙」という漢字が「心を亡ぼす」と書くことからわかるように、
「忙しい」と思って口にすることは、
決して望ましいことではないと思うからです。

今ここにいる限り、
あくせくしても他のことはできないのだから、
そこの雰囲気に浸っていたほうがいいのです。



今やるべきことに集中することで
良い結果がついてくるのかもしれませんね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

凹応援ありがとうございます!

2012年4月10日 (火)

手作りケーキ

前記事で宣言した通り、ホットケーキミックスは買いませんでした。

代わりに こちらのレシピを参考にホットケーキを作りました♪

Dscf1676

見た目はミックスで作ったモノと全然変わりがないです。

味は甘みに欠けますが、それでこそ本来の姿かなという印象。

これでもう、ホットケーキミックスは買わなくていいや^-^

20120223_2374062


我が家の定番ケーキ
パンプキンチーズケーキも作りました。

このケーキをこよなく愛する主人が
日曜日にハーフマラソンに出場したのです。

疲れて帰ってくるだろうから
きっと甘いものが欲しいだろうな
と思って材料を用意していたのだけれど

一緒に出た職場の方たちと
打ち上げと称して飲みに行ってしまったので

翌日に作りましたgawk
Dscf1671


妻の心 夫知らず。


Illustaki1_2


読んだ本、2冊目。

Dscf1680


モタ先生の
「いい言葉はいい人生をつくる

モタ先生を支えている名言を
ご自身のエピソードを交えて紹介しているので
とっても読みやすい。

気に入った言葉をいくつかピックアップします。



二人の人間が同じ場所から眺めてる。
一人は泥土を。もう一人は星を。



他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。
ふりかけるときに、自分にも数滴はかかる。



「ムダにした」とあきらめるな。
「ムダにしたくない」と考えよ。



精神力は貯金と逆だ。
引き出し続けることで増してくる。



ものごとにはすべて、二つの把手(とって)がある。



老齢は山登りに似ている。
登れば登るほど息切れするが、
視野はますます広くなる。



やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、
ずっとずっと心にこだまする。



ヒトもモノも多面体。
頭をやわらかくして
ヒトやモノゴトに向き合っていかないと。

キュッと気が引き締まったのでした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

凹っと
応援クリック
ありがとうございます!

2012年4月 8日 (日)

買わない習慣

お天気の良い日曜日。
家に居るのがもったいないところですが
チビ子が体調不良ですorz
昨日、熱があって、今朝は36.9℃。
このまま下がるかまた上がるか・・・微妙なところなので
今日は家でゆっくりしようと思いますconfident

20120118_2329347


もうすぐ学校役員の任期が終わります。

何か終わると何か始めたくなるワタシ。

本をいっぱい読もう!

と思います^-^

先ず、読んだのがこちらの本・・・

Dscf1669

金子由紀子さんの「買わない習慣」

「持たない習慣」という本がこの本より前に刊行されているので
できれば順番に読みたかったのだけれど
「持たない習慣」の方が人気があるのか(2006年発刊ですが)
図書館の予約待ちの件数が多いので、手元に来るのには時間がかかりそうです。


節約より手っ取り早い「買わない」という習慣。

そんなの無理~!
なのは生きていく以上、当たり前なのですが、

「お金の使い方」に対する意識を変えるには
「原則 買わない」と決めておくのは効果的なんじゃないかしら。

著者が言う

「将来が不安」→「お金を使いたくない」→「節約する」→「ストレスが溜まる」→
「小さな無駄遣いをする」→「お金が貯まらない」→先頭に戻る


の負のスパイラルは、私も思い当たるところがありますsweat01

こんな循環に陥っていると「暮らしの満足度が低下する」という件には
本当にうなずけました。

なんとなく選んだ好きではないモノに囲まれていると
小さな不満が溜まって
気分も澱んで部屋の空気も重い感じ?

だからこそ、
ここぞ!という時には出し惜しみせずにお金を使えるように
普段はいい加減な気持ちでお金を使わない。

それを実行するには先述した
「原則 買わない」
という意識を常に持っておくのは必要だなって思いました。

お金を使わないでいるには頭を使う必要があります。
何で代用できるか、とか
限られた食材で何を作れるか。
必然的に手を動かす時間も増えるでしょう。

それが逆に生活の満足度・充実度を上げることになるかも・・・!

先ずは小さなことから・・・(≧∇≦)

今日の売出し広告に載っていた
「ホットケーキミックス」。
買うつもりで丸印を入れていましたが
小麦粉から作ればいいやん。

ということで、買うのやめます☆


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

凹っと応援クリック
ありがとうございます!

素材屋さん

  • A.SLASH